遺品整理と費用

親の家の片付け費用の相場は?安くする3つの方法と家具処分のポイントを解説!

親御さんが亡くなったときや住み替えをされるとき、単純に物が多すぎるときなどに、実家の片付けを考えるときもあるでしょう。そのとき、特に気になるのは費用かと思います。

などの点を特に知りたいかと思います。この記事では上記の内容を中心に親の家の片付け費用や、関連する内容についてまとめます。親の家の片付けを考えている方には、きっと参考にしていただけるでしょう。

(なお、親の家だけでない遺品整理全般の料金相場については、下の記事でも詳しくまとめています。より詳しく費用について知りたい方は、こちらの記事もご覧いただけたらと思います)

遺品整理の料金相場はいくら?違法業者の高額請求に注意! 業者から遺品整理の料金を提示されたとき、多くの人が気になるのは「相場」でしょう。「その料金は相場より高いのか、安いのか」を知りたいは...

親の家の片付け費用相場(間取り別)

間取り図

親の家の片付けを業者に依頼する場合、費用は間取りを基準にして考えます。間取りごとの相場は、おおむね下のようになっています。

間取り 料金相場
1R・1K 30,000円~80,000円
1DK 50,000円~120,000円
1LDK 70,000円~200,000円
2DK 90,000円~250,000円
2LDK 120,000円~300,000円
3DK 150,000円~400,000円
3LDK 170,000円~500,000円
4LDK以上 220,000円~600,000円
実家の片付けにかかる費用相場 | みんなの遺品整理

上記はあくまで「基本料金」であり、不用品の量が多い場合や、いわゆるゴミ屋敷状態の場合はさらに費用がかかると思ってください。

なお、エリア別の遺品整理の相場については、東京埼玉千葉神奈川のページで、それぞれ紹介しています。また、遺品整理業者の選び方については下の記事を参考にしていただけたらと思います。

悪徳業者に騙されないために!遺品整理業者の選び方・6つのポイント 遺品整理は、多くの人が人生で初めて体験することです。まして「それを業者に依頼する」となれば、経験のある人はほとんどないでしょう。 ...

親の家の片づけ費用を安くする3つの方法

電卓を持つ女性

親の家の片付けを業者に依頼する場合も、できるだけ費用を安くしたいもの。費用を安くする主な方法は下の3つです。

それぞれ詳しく説明していきます。

できるだけ自分で片づけておく

同じ間取りでも、不用品やゴミの量が少ないほど費用が安くなります。そのため、できるだけ事前に自分で片づけておくことは有効です。

粗大ごみを自力で処分する、物を整理して不要な小物は捨てておくなどして、物を減らした状態で業者を見積もりに呼ぶといいでしょう。

複数の業者から相見積もりをとる

複数の業者から見積りをとることで、競争原理が働いて安くなります。一般的には3社程度から見積もりを取るのが良いとされます。

3社を超えても値段が変わることは少なく、多少安くなっても、見積りに対応する負担の方が大きいというのが実情です。そのため、3社でどうしても納得が行かなかった場合のみ、4社目の見積りをとることをおすすめします。

不用品・遺品を買い取ってもらう

遺品や不用品の買取りに対応している業者であれば、価値のある品物を買い取ってもらえます。その金額を片付けの費用と相殺してもらえるため、費用が大幅に安くなるのです。

故人がコレクターだった場合など、価値のある遺品が多いときには、逆にお釣りが来る(もらえる金額の方が大きくなる)こともあります。

遠方の実家の片付け・管理はどうすればいい?

田舎

独立して親御さんと離れて暮らしている場合、遠方の実家の片付けでは困ることが多いでしょう。このケースでの片付けのポイントをまとめると、下のとおりです。

それぞれ詳しく説明していきます。

信頼できる遺品整理業者なら、立ち会いなしでの依頼も可能

遺品整理業者に依頼する場合、当日の立ち会いなしで依頼することも可能です。カギのやり取りのみ、厳重な郵送などで行う必要がありますが、カギさえ渡せば、後は業者が作業してくれます。

もちろん、立ち会いがないため業者が遺品を盗むなどの悪事を働くこともできます。このため、立ち会いなしでの依頼は「非常に高いレベルで信頼できる業者」が相手のときに限られます。

そのような業者に心当たりがある場合は、立ち会いなしで依頼するのもいいでしょう。原則としては、どんなトラブルが起きるか想定できないため、予定を調整して立ち会いをするのがおすすめです。

保守なら、ダスキンの空家点検サービスなども

ダスキン
画像引用元:空家点検サービス(ダスキン)

すぐに売却する予定がなく、とりあえず保守管理をしたいということもあるでしょう。その場合、ダスキンの空家点検サービスなどがあります。

上の画像のように、空き家のあらゆる箇所を点検・清掃してくれます。清掃大手のダスキンなので、費用は多少高かったとしても信頼性は高いといえるでしょう。

空き家管理のNPO・NGOもある

遠方の実家は空き家になってしまっていることもあるでしょう。こうした空き家の管理をサポートしてくれるNPOやNGOもあります。

【参考】遠方の実家。売却したいが、大量の遺品整理に時間が… | NPO法人空家・空地管理センター

ただ、無料か格安で動いてもらう以上、適性料金で動く業者のように迅速かつハイレベルな仕事は期待できない(できたとしてもこなせる件数はそれほど多くない)と考えてください。

実家の家具処分・3つのポイント

玄関

実家の家具を処分する際のポイントをまとめると、下のようになります。

それぞれ詳しく説明していきます。

粗大ごみ処分手数料の目安

実家の家具を処分するとき「粗大ごみに出すと大体いくらするのか」という点が気になるでしょう。名古屋市が示している目安は下のとおりです(主な家具のみを抜粋しています)。

250円 こたつ・椅子・テレビ台・カラーボックス・衣装箱
500円 応接いす(1人用)・机・オーディオラック・鏡台
1,000円 食器棚・本棚(書棚)・ロッカー・サイドボード・下駄箱
1,500円 応接いす(2人以上)・たんす・ベッド

【参考】粗大ごみ手数料のめやす | 名古屋市

長くなるので割愛しましたが、書棚・食器棚・たんすなどは、下のようにサイズによって金額が変わります。

1,000円 高さ120cm未満かつ、幅90cm未満
1,500円 高さ120cm以上か、幅90cm以上

ほかの自治体でも数字は違っても、概ね上記のようなサイズの条件があります。都会ほどサイズの条件が厳しく、田舎ほどゆるくなります。

粗大ごみのネット受付がある自治体も

東京都の練馬区など、粗大ゴミ収集の申し込みを、ネットで受け付けている自治体もあります。収集日の3日前までに申し込めば受け付けてもらえます。逆に早めに申し込む場合、最大で2カ月先まで申し込み可能です。

【参考】練馬区 粗大ごみインターネット受付

クリーンセンターへの直接持ち込みも可能

クリーンセンター

地域のクリーンセンターに、粗大ごみを直接持ち込むこともできます。粗大ごみ以外のゴミも持ち込めますが、車で片道30分~1時間ほどかかる場所にあることが多い(かなりの田舎にある)ため、粗大ごみだけにしておく方がいいでしょう。

事前の連絡が必要なクリーンセンターもあれば、不要なクリーンセンターもあります。たとえば、兵庫県佐用郡佐用町は、事前の連絡が必要です。

【参考】[PDF]ごみを直接持ち込むときは… | 佐用町

埼玉県所沢市のクリーンセンターは、事前連絡不要(要らない)です。

【参考】「粗大ごみ」の出し方 | 所沢市

実家の荷物の処分・3つの注意点

家具

実家の荷物を処分する際のポイントをまとめると、下の3点です。

それぞれ詳しく解説していきます。

転倒につながる物は早めに片付ける

実家に物が多いことの一番の問題は、親御さんが転倒するリスクがあることです。骨密度が低い高齢者は、一度転倒しただけで寝たきりになってしまうこともしばしばあります。

このため、転倒につながるリスクがある荷物は、優先して片付けるべきといえます。捨てなくても「とりあえず安全な場所に移動させる」だけでもいいでしょう。

親の物は捨てずに移動させておく

親子

実家の荷物を処分するとき、多くの人が悩むのは「親が物を捨てたがらない」ということです。この場合、ひとまず捨てずに移動させるだけというのが有効です。

移動させて、見えない場所に2~3年置いておけば、親御さんも忘れる可能性が高いでしょう。また、それだけ長期間使わなかったら実際に不要といえます。

処分するのが心配な場合、さらに自分の家(お子さんの家)に一時的に移すという段階を踏めば、さらに安心です(この場合はさらに1~2年延びますが)。

無断での処分、強引な説得はしない

どれだけ不要な物に見えても、親の物を無断で処分するのは厳禁です。また、強引に説得するのも避けましょう。

強引な説得をすべきでない理由は、それで親御さんがお子さんとコミュニケーションを取ることを避けるようになるためです。これは認知症の発症を早める原因になるため、お子さんが返って後で困ることになります。

親にかまってもらえなかった子供は、問題行動を起こして親に「復讐」します。これは歳をとった親御さんでも同じことが起きると考えてください。

まとめ

孫

実家の片付けを業者に依頼する費用は、自分で行う手間や時給・日給を考慮すれば、明らかに安いものです。当記事で解説した「安くする方法」も実践することで、さらにリーズナブルに片付けることができるでしょう。

東京・神奈川・千葉・埼玉など、エリア別の遺品整理業者のおすすめは、下のページでまとめています。こちらも参考にしながら、実家の片付けをスムーズに進めていただけたらと思います。

遺品整理業者の比較